検証

【グラブル】火レスラー短期周回において、水着ベア・メーテラ・ゼタの比較

こんにちは、かんば(@kanbablog)です。

 

今回の記事では、火属性の短期周回において、水着ベアトリクス、メーテラ、ゼタを比較します。

 

3月10日の7周年アップデートにて水着ベアトリクスに修正が入りました。

水着ベア、元々短期周回寄りのキャラでしたが、更に短期周回性能が強化され、闇属性のプレデターに似た性能になりました。

 

火属性の短期周回といえば、主人公がレスラーで、水着ミムルメモルとアラナンがセットでした。

そして最後の1枠を、メーテラとゼタで争っていました。

1ポチを許容できるならばメーテラ、何もしないならばサポアビで追撃があるゼタを採用していました。

今回は、この最後の1枠に水着ベアトリクスを採用したパターンのダメージ比較をしていきます。

YouTube版も公開しています

解説動画をYoutubeでも公開しています。

もし良ければチャンネル登録して頂けると嬉しいです。

今回使用する火レスラーの編成

キャラ編成

  • レスラー(ツープラトン)
  • 水着ベアorメーテラorゼタ
  • 水着ミムルメモル
  • アラナン

水着ミムルメモルとアラナンは固定です。

そして、水着ベアのところをメーテラとゼタを入れ替えて比較していきます。

武器編成

  • メイン武器:梵天添甲
  • コロッサスケーン・マグナ×4
  • ニーラカンタ
  • ファイア・オブ・プロメテウス
  • 永遠拒絶の大鎌(通常上限・渾身)
  • ソル・レムナント
  • 天司武器

渾身マグナ編成です。

私はニーラカンタを1本しか持っていないので試せないですが、おそらくコロ杖を1本減らして、ニーラカンタをもう1本増やしたほうが伸びると思います。

召喚石編成

  • メイン石:5凸コロッサス・マグナ
  • 5凸バハムート
  • 1凸ミカエル
  • 4凸ベリアル
  • 5凸ザ・サン

ステータスが高いバハムートとサブ編成で効果がある石を入れています。

フレンド石は3凸シヴァです。

火レスラーの動き方

注意ポイント

短期周回と一言で言っても、1ターンしか動けない時もあれば、数ターン動けるときもあります。

今回は2ターン動ける場合を比較します。


  • 1ターン目

    (水着ベア1・1・3)→ミムメモ1・2・3→アラナン1・2→ツープラトン→シヴァ召喚→攻撃


  • 2ターン目

    サン召喚→(水着ベア2)→攻撃


動き方は、水着ベアの場合は、上記のように動きます。

メーテラの場合は、最初に1アビを押します。ゼタの場合は、何もアビポチしません。

結果としては以下のようになりました。

水着ベアトリクス

メーテラ

ゼタ

個人的意見および火レスラーのまとめ

水着ベアが4,300万ダメージ、メーテラが3,000万ダメージ、ゼタが2,300万ダメージでした。

アビポチさえできれば、水着ベアが抜けてダメージを出しています。

 

ここからは個人的意見となります。

水着ベアが動くには、最初にアビリティを4ポチする必要があります。

しかし、マルチに限定して言えば、「短期周回のアビポチキャラ」というのが矛盾していると感じます。

ソロコンテンツならば良いとは思いますが、少ない動きで貢献度を稼ぐ必要があるマルチにおいては、4ポチは流石に許容できません。

1ポチで8割追撃ができるメーテラのおかしさが際立ったと感じました。

 

今回は以上です。

読んでいただきありがとうございました。

 


当ブログのTwitterアカウントです。
記事の投稿告知やグラブルのネタをツイートしています。

-検証

© 2021 かんばのグラブルブログ Powered by AFFINGER5